FC2ブログ
のぶかつの部活動 since 1970
Do you know the answer to this riddle?
じぇいそん、ぼーん

あかんて  のっけからニッキ―殺したら スプレでもあっさり 彼女を おんなじように

銃弾で 残酷ですなあ

ニッキ―はずっと生き残って シリーズの要でいてほしかったっす

印象に残ってるのはみんなしわくちゃになるねんなあってこと

トミー ヴァンサン デイモン



Jason-Bourne-trailer-03.jpg



これにて ボーンシリーズ 全部みたわけだが ハズレなかった

意外にも カーチェイスがスさまじく やりすぎくらいやったなあ

JB じぇーむす、ぼんどに対向するだけの勢いありでしたな


jason_bourne_ver4.jpg


ブラックブライアー作戦の関係者を失脚させた後、地下格闘技の世界で生計を立てていたボーンの元へ、ハッキングによって新たに探り当てた事実を告げに元CIA局員のニッキーが現れる。事態の露見を恐れたCIA局長の放った刺客がボーンとニッキーを襲い、ニッキーは殺害されてしまう。ボーンはニッキーの遺した情報を元に、全容を解明するために再び動き出す。

CIA局員のヘザーはボーンがまだ愛国心をもっているとし、ボーンをCIAに引き戻すことを局長を含めた上層部に提案して受け入れられる。ボーンは元局員のマルコムを追い詰め、ボーンの父親がトレッドストーン計画を作ったが、息子のボーンが参加者となることを知り、息子を守るためにトレッドストーン計画の暴露を示唆したことから殺されたことを知る。

ヘザーはボーンにCIA局長の新しい計画であるアイロンハンドの存在を明らかにする。ディープドリーム社のシンポジウムにてヘザーはボーンと協調行動をとり、局長の刺客はディープドリーム社CEOを暗殺しようとするが、ボーンにより未遂に終わる。ボーンはCIA局長と対峙する。32人を暗殺し、アメリカは平和になった、CIAに戻って来いと局長は言い、ボーンはできないと答える。飛び込んできた護衛の協力によりCIA局長にボーンは殺されそうになる。そこにヘザーが現れ、局長を射殺する。ボーンは自分が殺したことにすることをヘザーに示唆する。刺客はカーチェースの後、ボーンと直接戦うがボーンが勝つ。

ヘザーはCIAに戻ることをボーンに勧めるが、ボーンは考えてみるとだけ答える。ヘザーが車に戻ると、ヘザーがボーンをCIAに引き戻すことに失敗した場合は、ボーンを始末する必要があるとヘザーが明言していることが録音されている再生機が置かれている。


BOENKJI.jpg


観終わったら 追跡者とクリムゾンリバーをみたなりましたやん

ひろがっていくなあ でも暑いから厳しい 涼しなるまで 我慢しようか できるし

夏場は読書やな

ようやく スティーブンキングはんの呪われた町 ブックオフにて入手
スポンサーサイト
別窓 | 映画研究会 | コメント:1 | トラックバック:0 |
ぼーん、あるてぃめいたむ

今日から 夏って感じの暑さ到来 関西にね

全国的には知らない 我慢すりゃいいだけ

28816904.jpg

















bourne-identity-matt-damon-slice.jpg



アメリカ合衆国の秘密プロジェクトとして、CIAが主宰した人間兵器作成計画

「トレッド・ストーン作戦」の第1号として世に送り出されたジェイソン・ボーンは、

ある任務がきっかけで記憶を喪失し、知らずして任務を放棄する形となった為、

CIAから追われる身となった。自分の身を守るため、記憶を取り戻す旅を続けながら、

ボーンはCIAと戦い、現場責任者であったコンクリンを追い詰めて恫喝して去るが、

事態の収拾の為、総責任者のアボットがコンクリンに刺客を放ち暗殺。

全ての責任をコンクリンに被せ、「トレッド・ストーン作戦」は中止し、新たなプランとして、

「ブラックブライアー作戦」が開始される。しかし、イギリスの新聞記者サイモン・ロスが、

闇に葬られたはずの「トレッドストーン作戦」の存在を嗅ぎつけ、内容を世間に暴露しようとする。

ボーンは新聞記事を見て、ロスに接触したが、CIAに尾行されていた為、守りながら、

その場から逃走を図るも、ロスはCIAのスナイパーに射殺されてしまう。

ボーンがロスの死の直前に聞いたのは「トレッド・ストーン作戦」の

発展版「ブラック・ブライヤー(黒薔薇)作戦」が進行中という情報だった。

ロスに接触した際、存在をCIAに察知されてしまったボーンは、またしてもCIAに命を狙われる羽目になり、

ボーンは、自分を追う者の正体と自分が誰であるかを捜し求めて、再び動き始める。












THE20BOURNE20ULTIMATUM.jpg





大ヒットした映画は間違いないな 3部作 完結 集大成 これにつなげるために

1,2があったって感じ 納得でしたわ

あいもかわらず カーチェイス凄いんですけど 多々、そこでエンドやろてシーンが

まあ映画やから ゆるす マットデイモンの印象悪かったけど 一気に好きになりました

アンセインでチョイ役でみただけなのに ボーンシリーズみなあかんとおもたから あたりでしたわ

すでにジェイソンボーン見たので引き続き



jb1011.jpg





別窓 | 映画研究会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
BOURNE IDENTITY&SUPREMACY


まったく はずれなし 殺し屋ものに

今頃って感じだけど


mari死す


銃で撃たれて負傷した男がマルセイユ沖で漁船に救助された。

男は記憶を失っており、手がかりは皮膚の下に埋め込まれていた

スイス・チューリッヒの銀行口座を示すマイクロカプセルのみ。

スイスに到着した男はマイクロカプセルが示した銀行の貸し金庫を引き出すが、

その中身は、パリ在住の「ジェイソン・ボーン」という名前が記された

アメリカ合衆国パスポートをはじめとして、彼の写真が貼り付けられた多数の偽造パスポート、

複数の通貨からなる大量の札束、そして拳銃だった。

ボーンは自分の正体を確かめる為にアメリカ領事館を訪れるが、

彼は現地警察によって手配されていた。

領事館詰めの海兵隊員の追跡をかわした彼は、たまたま居合わせたマリーに金を払い、

彼女の車(赤い「ミニ」)に乗って自分が住んでいたアパートのあるパリに向かう。

380171966-bourne-identity-film-alstersee-yachthafen-rathaus.jpg

いっちゃん最初に観たのがボーンレガシーやって バックボーンわからずみたのに

なんか面白かった 

やっぱ アクションスゲエ カーアクションが特に もっと早く見ててもよかったけど

ずるずると








bourneidentity5.jpg


CIAのパメラ・ランディは、ベルリンである事件の調査を行っていたが、

何者かの襲撃を受け、調査チームの一人が死亡。

時を同じくして、人目を避けインドのゴアで暮らしていた

ジェイソン・ボーンと恋人のマリーに刺客が迫り、マリーはボーンの身代わりに射殺されてしまう。

ボーンはCIAが自分を始末しようとしていると推測し、マリーの復讐を決意する。

CIAのパメラは現場に残されたボーンの指紋から襲撃犯はボーンだと考えボーンを追う。

そしてベルリンとモスクワを舞台に、次第に「トレッドストーン計画」に隠された真実が明らかになっていく。






434131108-grande-arche-bourne-identity-film-la-defense-haut.jpg




冒頭から 恋人死亡

13日の金曜日シリーズ過ぎる

前作の生き残りがしょっぱな 惨殺 せっかく苦労していきのかったのに

あっさり退場 感情移入もなにもあったもんちゃう

なんかショック大きい そら引き込まれるし 一気に今回は復讐劇かって思う

いつもおもうが追い詰められ方がすごいのだが かわしたらあっさり

完全にロシアで包囲されましたやん あいつの死は良かった。

女上司はちょくちょくみるけど かっこいいなあ

しかし、この面白さって 原作がしっかりしてるんやね

まだ アルティトジェイソン残ってる 楽しみ



bf8a64c93da764eb059820ce0ac375514947002e.jpg






ありがとうございました









別窓 | 映画研究会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
大金は人生を狂わせる
たしかに見たはずなのだが           小説が良かった記憶

がっつりFARGOとかぶる まるかぶりでんがな


spgggg.jpg


どうりで 怪優ビリー出てるやん ドラマ版ファーゴですっかり好きなったおっさん

やっぱりうまいなあ誰にも知られてない4億円 まず手がでないし でくわさない

大貫のおっさんのよな運もないし 薬がらみとか ダーティな金 しかないわな

今回は身代金設定 まあ大丈夫でもないけど

無理して殺すことなかろうが 巻き込まれてくというか 都合が悪くなってというパターン

どっちかというとファーゴの展開のほうが好き


無sdfiiu



お金が無くても幸せに暮らせれば良いのですが・・・。

人は幸せだと働かなくなるので、世の中は人々を競争させ、

お金がないと幸せになれない仕組みを一生懸命作っています。

なので、「このお金があれば・・・」という葛藤がこの世からなくなることはないでしょう。

そして、この葛藤に負けてしまうと、より大きな不幸せが待ち受けています。

結局のところ、人それぞれ「フェアに」幸せになる事を目指すしかないのですが、

人並みの夢を見てしまい、罪悪感を感じて生きている意味がないと命を断ってしまう独身中年男の兄が可哀想です。

しかしよう 監督がサムライミだったのわすれてたけど

才能ある監督やで ジャンル問わず エンターテイメントに長けてる

死霊のはらわたが一ちゃん好きかな
また戻って

警官殺されたのがかわいそうやった

エンディングも燃やさなくてええんちゃいまんのかいな 切ない

カラスがわりと印象的 ネットの評判とかみたけど 評価さっぱり


のぶかつの判断 わりと良いと思ったけど なんか世間と格差ありやな

価値 基準って人それぞれ違うしな 最終は自分で決めるのだから良しやで

いま話題のじか営業問題やけど 分かる気するわ 潤沢にお金あったらせえへんやろし

もてる人なんて一握りでっしゃろ

向こうは腕が達者 芸人さんは口が達者 嘘はついたらあかん

正直にいってたらなんとかなってたかもだが洒落にならんこともあるやろし

問題山積みやな のぶかつは目の前にしたら あらいざらい正直に吐くし

少額くすねて戻しておくせこいことするかもな 誰かのせいにしたり 責任転嫁も考えるだろう

手の入れ方やな ゆうふくな方々はそれなりの対価をえてるし リスクもせおってはるんだろう

朝に 祈り 夕に感謝 今日も無事でありがとうございました

関西で もうクレージージャーニー終了か めちゃ心配

いよいよパラビに入会するかDVD買うか借りるかやな ただこで見たいけどな

お金支払う価値はある しばらく様子みよう





DxsmTkSWkAAo-dE.jpg





ちょっと小説探そうかな もしく 電子書籍で














別窓 | 映画研究会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
最期迷宮走者 致命治療

移動迷宮 死亡解禁




e0345320_10341904.jpg



テレサの加勢でジャンソンを倒したトーマスたちは屋上まで避難しますが、

辺りは一面火の海。助かる見込みがないと悟った2人は愛を確かめ合います。

そこにミンホたちのヘリコプターが救助に駆けつけ、怪我をしていたトーマスを優先的にヘリに引き上げた瞬間、

ビルが倒壊し、テレサはそのまま落下し死亡してしまいます。

トーマスは気絶し、気が付くと海辺の小屋に寝かされていました。

すべての戦いは終わり、抗体を持つ子どもたちと共に船出し、

新たな土地「セーフ・ヘイブン」での生活が始まっていたのです。

トーマスは、ニュートの手紙とテレサから受け取った血清を胸に刻み、

この地で仲間たちと生きていくことを誓うのでした。






maze-runner-the-death-cure-2018-splash-520x245.jpg



ご都合主義も甚だしく なおかつ 1と2を見ておかないと 全く分からないだろう

あのウイルスの謎わからんけどまあええわ

なんやかんやで 楽しめた ぎゃりーはスタンドばいみーのあいつやんなあ

まあ、ひとつひとつつぶしていくことが大事でこの作品はどうでもええわ

思い入れがあらへん おすすめも話題にも出えへんやろし

次は連休ん前にシンプルプランとスパイゲーム借りよっと



600x600bf.png








別窓 | 映画研究会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
のぶかつの部活動 満足度2%


だまされた  題名と のぶかつの想像力暴走がいけなかった



KUSOKUSOI.jpg


ものすごい 楽しみにしてた ハードルあげすぎた へたしたら 大晦日に見るぞと意識してた

早く見て 失敗に気付いて良かった

宣伝マンに天晴 のぶかつには喝だ

「トーナメント」


大晦日の夜に殺し合い 果たして生き残るのは
いろんな賞とってやがるし

ロッテントマトで92%はじきだしてるから さぞかし

ってな

ROTTEんとまとの評価 あたりはずれ はげしい 信用してたけD@


クソ 糞 ウンコ映画 見る価値なし

ウォーキングデッドの監督ってのにもやられたが

宣伝うまいわ 宣伝会社にいきたい 募集してへんかなあ

のぶかつもだます側に 想像もふくらましすぎるといたいめにあう

いつやいつや いつ会場に招待されるねん と待ち続け なんの山場 盛り上がりもなく

フェードアウト

時間たったらみたことさえ忘れる作品やな 原題 MIDNIGHTERS もっと吟味すべきだった

これからも ウンコじゃんじゃん踏んだるねん 失敗作あっての良作

いろいろ吸収するぞ

また
別窓 | 映画研究会 | コメント:23 | トラックバック:0 |
あんせいん
unsane.png






元々はiPhoneで全編撮影された作品として話題になっていた本作。

確かに固定アングルでの撮影が多かったので、見ていて良くも悪くも「どこを注目してみればいいの?」と思ってしまいます。

監督自身もそれは狙っているようでインタビューの中で「視聴者が自分で注目すべき部分を見るべき」

というスティーブン・ソダーバーグらしいこだわりが見える作品です。

やっぱりカメラの質ではなく、腕なんだなと思わせる作品です。

しっかりとカメラのアングルを考えていけば、画質や性能で劣るiPhoneでもこんな作品が取れるですね。












sutorainn.png




眠気に負けそうになりつつみた

全編iphoneに興味持ち そだーバーグやし 前回 こんていじょんで外されたけど

久々に 画面に入って殺したろかいと思ったキャラでてきたで

現実にもありうるだろうな 第三国いやさ我が国でも 偽装入院か


あの黒人 潜入記者やったんかい 薬の怖さもようわかる 朦朧となる薬って最悪やな

あんなもん飲まされたらたまったもんやない あるあるやけど 飲んだふりしてぺって吐くシーン多いよな

まあ悪くない作品だった 不快不愉快極まりなしの作品だった

でも 勉強になったよ マットデイモン出てきたとき 目が覚めた 

こんな作品に出るんかいっと ボーンシリーズみたくなった

リスト的に

スパイゲーム

シンプルプラン

ボーンシリーズ かな じめじめしてくるけど ええ作品に出合いたいな
















unsanern.png


別窓 | 映画研究会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「切れ者なのか、馬鹿なのか?」



dw40.jpg





・トニー・スコットらしい、反体制、反権力的批判精神ぶりぶりの作品。

トニー・スコットはこういうのがじつに上手いし、小気味良い。「スパイ・ゲーム」も似たようなニクイ演出が決まっていた。

・ジーン・ハックマンは常にイイ役、いい演技をするな。まさに「切れ者なのか、馬鹿なのか?」というセリフにぴったり。

・仕掛けの配し方もじつに上手いし巧妙、その回収も見事。

脚本の作りがじつに巧い。

・こういう一見バカを装っておいて、じつに頭が切れる奴というのは、アメリカでいえば刑事コロンボなどになるかな?

・最終的には悪を実に巧妙に騙してやって、面白可笑しく馬鹿にしてやっつけるところが気持ちいい。

・「スパイ・ゲーム」にしてもこの作品にしてもトニー・スコットの作品は結構好き。。


・ブッシュはアメリカ愛国者法を2001年の911テロの後に強引に通して、

結果的にこの映画と同じようなことが政府によって合法的に正々堂々とやれるようにしてしまったわけであり、

この映画はそのほんの3年ほど前につくられたということに意味がある。

最近でも「バットマン」シリーズでこういった情報監視の危険性と俗悪性は話に組み込まれていたな。

「デジャヴ」にもこういった監視システムが描かれていた。

それだけ映画で描かれるということは、実際にはそういったシステムが相当に進んで張り巡らされているということなのだ。

☆この日記を書いた数日後、トニー・スコットが投身自殺をした。

享年68歳・・・・なんだか、悲しい。

またへんな巡り合わせというかんじだ。



lqip スルチャリレ









enemy_of_the_state_1998_001-h_2016.jpg

ドラマ版があるみたいで

興味あります

ところで 追撃の森が軌道にのってきておりますがまだ5分の1くらいでこの展開

中だるみあるんかなあ ぐいぐい面白い展開に

またまた時間足りない現象が・・・



別窓 | 映画研究会 | コメント:38 | トラックバック:0 |
EOS




thumbnailImage.png


20年ぶりに見たことになるんかなあ

爽快度 ☆☆☆☆☆ MAX 最高レベル 新鮮だったし 当時より















MV5BZmQ1OTkzMWQtODVjZi00NTdhLWIyMTAtZmNiNjY3NjJmZDZmXkEyXkFqcGdeQXVyNjAwODA4Mw@@__V1_.jpg






ハラハラどきどきで見れたかもしれない 伏線とかの回収ばっちりやし

ご都合主義には目をつぶる 偽ブリル レイチェルの死をのぞけば完ぺき

交渉人もそやったけど 昔きにいってた映画の見直しはかけがえのない価値あり

のぶかつにプラスやで













enemy_of_the_state-26.jpg


ディーンは、一連の事件のきっかけはブリルが提供した情報にあると考え、ブリルに直接接触することを試みる。かつてNSA技官であったブリルは、盗聴器や発信器が多数ディーンの衣服に仕掛けられていることを見抜き、NSAに追われているディーンを避けようとする。しかしNSAの秘密工作の一環で、レイチェルが殺されてしまい、その殺人容疑がディーンにかぶせられたと聞き、ブリルはディーンを助けることを決心する。ブリルのNSA時代の相棒の娘がレイチェルであり、相棒がイラン革命下のテヘランで殉職して以来、ブリルはレイチェルの成長を影ながら支えていたのだ。



















ENEMY OD NOBU









ブリルはディーンを自身のセーフハウスに連れて行く。ファラデーケージで出来たオフィスでディスクの中身を解析し、映っていたのがレイノルズであると分かって二人はハマースリーの死の真相をはじめて知る。ディーンがセーフハウスへ向かう途中にかけた電話をもとに、レイノルズ配下のNSA工作員たちはこのセーフハウスを発見し突入する。ブリルはセーフハウスを爆破し、二人とブリルの飼い猫はかろうじて脱出、逃走するが、その際に証拠のディスクが破損してしまう。















P00077.jpg

















ブリルとディーンは、レイノルズから直接ハマースリー暗殺の証言をとるためにレイノルズに会うが2人とも工作員に捕えられてしまう。コピー先がディスクであり、既に破損したことを知らずに、その返還を迫り脅迫してくるレイノルズに対して、ディーンは咄嗟に、ある訴訟で自分の依頼人を脅迫していたマフィアのボス、ピンテロの元にディスクがあると嘘を付く。

Enemy_of_the_State_P.jpg








ディーンは以前、ピンテロが訴訟に介入するのを牽制するために、ピンテロ自身を逮捕できる証拠テープを入手し、そのテープで無理矢理に取り引きをし、ピンテロから撮影者を明かさなければ殺すと脅迫されたという経緯があった。ピンテロに会ったレイノルズはすぐにテープを要求するが、ピンテロは、それをディーンが自分との取り引きで使ったテープのことと勘違いし、拒否する。ピンテロとレイノルズの双方が勘違いした上でテープをめぐり押し問答を繰り返し、激しい銃撃戦となる。その結果レイノルズは射殺され、NSA工作員やマフィアの大半も死亡。生き残った数名はピンテロを監視していたFBIに逮捕され、レイノルズらによるハマースリー暗殺が白日の下に曝された。 疑いが晴れたディーンは家族と幸せな時をすごす。一人になった時、テレビからブリルの別れの電波映像が流れてきて物語は終わる。

Gene-Hackman-movies-ranked-the-French-Connection.jpg








ウィルスミス 若かった のぶかつの好きな作品に意外と出てる

ジーンハックマンも良かったピンテーロの役おおっさんとか

じょんぼいとNの嫁役がブレイキングバッドの嫁やん

ジャックぶらっくやあら 知識つけてから見たら新しい発見あるし

何倍にも楽しめるんだね 今後もなつかしのん見ていこ

20年経ってるのに 新鮮やったで 監督の腕なんかなあ トニースコットやし

ええ作品をありがとうございました


別窓 | 映画研究会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
交渉人’19
Leutnant Danny Roman ist erfolgreicher Polizist in Chicago und Verhandlungsführer bei Geiselnahmen. Er kommt jedoch einer Verschwörung in seiner Abteilung auf die Spur. Durch Korruption hatten sich mehrere Beamte persönlich an Fondsgeschäften bereichert. Als dann der in diesem Fall ermittelnde Partner Romans – Nathan Roenick – ermordet wird, gerät Roman selbst unter Korr
126827726927016331962_kousyounin-bn1.jpg



uptions- und Mordverdacht. Der zuständige Staatsanwalt macht ihm in einer Vorbesprechung unmissverständlich deutlich, dass er nicht an seine Unschuld glaube. In dieser Situation sieht Roman nur einen Ausweg, seiner Inhaftierung zu entgehen und den Mord aufzuklären: Er nimmt selbst zwei Polizisten und zwei Zivilisten als Geiseln. Dabei verschanzt er sich in einem Büro der Polizei imNEGOCIATOR5.png



Gebäude 77 West Wacker Drive, einem 49-stöckigen Wolkenkratzer in Chicago. Unter den Geiseln ist auch der Polizeiinspektor Niebaum, von dem Danny annimmt, dass er korrupt ist und hinter dem Mord an seinem Partner steckt. Da er niemandem in seinem Bezirk traut, fordert er den auswärtigen Verhandlungsführer Lt. Chris Sabian an, der mit ihm die Wahrheit ans Licht bringen soll.
良い映画って二回以上観るべきだと改めて

かれこれ20年ぶりに  監督の名前も覚えた 当時は気にもせず

gary gray しかも驚きの同い年 20代でこんな映画創るなんて

アメージングやん 奇しくも 新作のMIBの監督もやってるみたい なんてタイミングなんだい

見応えあり はらはらどきどき 俳優陣は曲者だらけで

全員 悪者に見えたわ 日本では作れないタイプの映画やし

俳優 サミュエルやケヴィンに匹敵の日本人俳優なんていない
Sabian und Roman führen einen harten Verhandlungspoker, der immer wieder durch einige der korrupten Polizisten gestört wird. Beim zweiten Versuch von diesen, das Büro zu stürmen, wird Niebaum gezielt erschossen. Roman fesselt einen der Angreifer und flüchtet vor dem dritten Angriff in dessen Montur.

音楽も良かった サントラもってたが 入院時に舎利られた

あらためて買うことはない レンタルであれば 頭にこびりつけた

撮影場所はシカゴ シカゴの雰囲気好き 日本にはないなあ

そういや逃亡者の舞台やったなあ

随所に殺されても致し方ない突入シーンあったけど あんまり突入はしてほしくない

当時ケヴィンの役をスタローンがやるみたいだったみたいで 回避正解

今見たら脇役が海外ドラマに出てる奴らが多数

なんか得した気分 なんかLAコンフィデンシャルとかかぶったりするけど

80年代も好きやけど90年代の映画も見直そうと考えてる つぎは

ENEMY OF AMERICAあたりかな

Roman entkommt aus dem Gebäude, Sabian bringt ihn ins Haus des getöteten Niebaum, wo Roman versteckte Beweise vermutet. Es können jedoch keine Beweise gefunden werden. Als die korrupten Polizisten ins Haus kommen, schießt Sabian auf Roman, der blutend zu Boden stürzt. Er verhandelt mit dem Anführer der Verschwörer, bei dem es sich um den Commander Grant Frost handelt, und behauptet, die Beweise für die Tat gefunden zu haben. Sabian fordert eine Beteiligung an den aus einem Fonds gestohlenen Geldern.
犯罪サスペンスってええジャンルやわ 興味深く 面白い

ホラーとは全然違う シンプルプランなかったからツタヤにいかな

三宮まで行くの面倒だが 心の栄養剤だし まあよしと

Die Verhandlung wird durch ein Funkgerät, das Roman in der Hand hält, nach außen übertragen; die vor dem Haus postierten Polizisten der Spezialeinheit hören zu. Die korrupten Polizisten werden verhaftet. Es stellt sich heraus, dass Roman von Sabian nur verletzt wurde.




oushounijjnn.jpg


Es wird angedeutet, dass Roman von allen Anklagepunkten freigesprochen wird und wieder in den Dienst aufgenommen wird.

ありがとうございました




別窓 | 映画研究会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| のぶかつの部活動 since 1970 | NEXT