のぶかつの部活動 since 1970
Do you know the answer to this riddle?
踏み月
MINE.jpg



若かりしころはよう踏んでた

未だにやけど・・・








8月にはいったから

文月 7月とは関係ない題名ですねん


さてさて

今週はクラシック

とくにピアノ楽曲に重点をおいて聴いてますoptimath

ラフマニノフやらモーツァルトやらえとせとらえとせとら

神戸の花火大会 淀川に負けとるやないかい
















狂気




業界用語でいうところの

「地雷を踏む」って表現あるようですが・・・

ちょっちゅう踏んでます。








のぶかつDETH.


踏んだらあかんとよ

人生における分岐点のさまざまな選択はむずい・・・



















enka.jpg


「踏んだらあっか~ん」



















遠いけども


あらためて音楽の良さを実感しておる今日この頃

もちろんクラシックもええけど

それ以外では

1位 DAVE SEAMAN LITHUANIA 039 GLOBLUNDERGROUND

2位 TIESTO MAGIKAL JOURNEY

3位 FALCO FALCO3

4位 PAUL VAN DYK THE POLITICS OF DANCING2

5位 STEVE LAWLER LIGHTS OUT

6位 THE CARS HEARTBEAT CITY


甲乙つけがたいので、悪魔でも聴いてる回数多い順

気分は堕ち憑くどころか高揚しちゃうキラーチューンの入ってるアルバムもあるが・・・












犬ふんじゃった



猫踏んじゃった(ねこふんじゃった)は、

作曲者不詳、変ト長調または嬰ヘ長調の世界中で親しまれている曲。

ピアノ・独奏が基本だが、多数のアレンジやバリエーションが存在する。
















oh god---


「そうやったんか~い」

























ピアノふんじゃった



先述の通り、この曲は作曲者も発祥国も明らかになっていない。

一説によればフェルディナンド・ロー(Ferdinand Loh)だとされている。

ドイツ版の曲名「ノミのワルツ (Flohwalzer)」は作曲者の略名 (F. Loh)

が誤記されたものから来ているというのである。

ただし、フェルディナンド・ローなる人物は実在せず、

最初にこの説を紹介した書籍の筆者によるジョークだとも言われている。

その他にも、ニコライもしくはアントン・ルビンシテインが

作曲したという説や、岸田宣勝が、

ヨーロッパに伝わっていた2小節だけのピアノ練習曲をもとに、

2小節以降の曲を付けたという説はない。


























地雷ふんじゃった
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | パクリ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<にぃこおじちゃんとじゅんこおばちゃん | のぶかつの部活動 since 1970 | のぶかつの部活動、改造>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| のぶかつの部活動 since 1970 |