のぶかつの部活動 since 1970
Do you know the answer to this riddle?
enemy of JAPAN
enemy-of-the-state.jpg







ある男の家に、出入りの幇間が久々にたずねて来る。

男の家ではちょうど酒と酒肴の支度をしていたので、男は幇間に飲み食いしていくよう座敷に誘う。「あんた、鍋は食べるか?」「あい

にく歯があまり丈夫ではないので……」

酒肴はもちろん鍋そのものではなく、鍋料理であった。

白菜、シイタケ、豆腐などの具材の間から、白身の魚が見える。

男は「思いがけず、フグが手に入ったのだ」と言う。ふたりはフグを食べた経験がなく、

中毒が怖いので、お互いにゆずり合うばかりで一向に箸をつけようとしない。

ふたりが鍋を前に途方にくれていると、男の妻が座敷に入ってくる。





v1.jpg


「おこもさん(=乞食)が『お余り(=残飯)を恵んでください』と言ってなかなか帰らないのです」

それを聞いた男は「それなら、このフグをそいつに食べさせて、

そいつの様子を見て何も起こらなければ、われわれもこの鍋をいただくとしよう」と

幇間に提案し、出て行った乞食を幇間に尾行させる。

幇間は、男の家に戻って「座り込んで気持ちよさそうに眠っていたので

(あるいはそれに加えて「目をこらすと食器が空だったので」)、

食べてしまったのではないかと思う」と男に報告する。

それでもふたりの不安はぬぐえず、ふたたびゆずり合いを始めるが、

男が「こうしていても仕方ないので、『1、2の3』で一斉に口に入れよう」と提案する。

ふたりがそのようにして食べてみると美味なので、そろって驚く。

喜んだふたりはそれまでの恐怖を忘れて、鍋を平らげる。

そこへ先の乞食が、今度は座敷の庭先に現れ、男に「先ほどのものは、

すべてお召し上がりになりましたでしょうか?」と問う。男は「味をしめたな。

残念だがこの通り、すべて食べてしまったよ」

「そうですか。それならわたしは、これからゆっくりいただきます」









600px-Vlcsnap.jpg
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | パクリ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<自己評価高い系 | のぶかつの部活動 since 1970 | 不遇>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| のぶかつの部活動 since 1970 |