のぶかつの部活動 since 1970
Do you know the answer to this riddle?
CRISIS ANALYSIS CRISIS
のぶかつでぷ。


さすらってます






殺伐としたニュースが

あいかわらず、多いでんな~!!



凶悪犯罪の低年齢化&高齢化は由々しき問題なのじゃー

stop the crime?

あの国でオリンピックやったらあかん

正当なる得点、評価されない いまさらやけど

第三国でやってほしい





そんなときこそ

心理解析をせねばなるめぇ



なぜ?そんなことをするのか?

どんなことにも理由があるはずだ・・・

たとい、無差別であろうが・・・








解析1






解析学の歴史は、アルキメデスやそれ以前の「取りつくし法」にまでさかのぼれる。

彼らの業績は、ある意味で今日の積分の始まりとも呼べるものであろう。











解析2


しかし解析学が本格的な発展を遂げ始めたのは、フェルマーやデカルトによって、
曲線の接線を考える上で考え出された微分が登場してからである。

決定的な業績は、ニュートンおよびライプニッツによってもたらされた。
ニュートンは、微分と積分を統合して、両者がある意味で逆の関係にあることを見抜いた。
やや遅れてライプニッツも同様な発見をした上、
現代も用いられる微分積分の記号表記法を考案してその後の研究の基礎を築いた。









解析3


その後18世紀には、オイラーらによって、解析学は大きな進歩を遂げたが、
19世紀に入って、その基盤に疑いの目が向けられるようになり、
コーシーやワイエルシュトラスによって、微積分学の基礎固めが行われた。
解析学はその根底を実数の性質においているが、
デーデキントやカントールはその実数の性質を深く研究し、
実数を特徴付ける条件を見いだした。
また、19世紀に入って解析学は本格的に複素数を利用するようになった。

コーシーは従来求められていた定積分などが複素変数の関数として
扱うことでより簡単に求められることを発見した。















無題777





しかし、あの美女応援団はやばいよな

洗脳のテクニックは学ぶべきものあるかもな



















 つづくううう


さらにその後、ワイエルシュトラスやリーマンによって
一変数の複素関数の理論が整えられ、

複素関数論は独立した一つの数学として扱われるようになった.








R-2531.jpg








そして、解析できませんが・・・


拍手とかSPAMとかTRACKBACK

ありがとうございます。」






today-ss-slide-desktop.jpg


あの赤い国の応援は痛々しい

しかし、女性は美人ばっかり

なんでやねん・・・









AQUERIUS.jpg
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | のぶかつアカデミー | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<かなりのトトロ | のぶかつの部活動 since 1970 | 3代目>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| のぶかつの部活動 since 1970 |