FC2ブログ
のぶかつの部活動 since 1970
Do you know the answer to this riddle?
KittyGuy じゃがしょうがない
kittty.jpg










この世の中、仕事を選ぶ余裕がなくなってきているように

思われるぅ・・・











large_180518_kitty_01.jpg


おーメルヘン!!















のぶかつdeath




肛門島に出て北和尚





仕事中毒(しごとちゅうどく)とは、生活の糧である筈の職業に、

私生活の多くを犠牲にして打ち込んでいる状態を指す言葉である。

英語ではワーカホリック(英:Workaholic)とも呼ばれる。



holicって、たしか

アニメもあったけんどんも

いっときハマりんこ


186kitty-155097.jpg








HALLO一休



一人の少女の例を

あげていこうと思う






国会議事Q



もうすぐ選挙やけど、多分

岡○ま○はんい投じようか?NATO









水戸Q




日本ではかつて、特に男性においては「滅私奉公」等の言葉に代表されるように、

己の身を顧みず職業に邁進することこそが良いとする規範が存在し、

己よりも職を優先することが、社会的に求められた。

この中では、有給休暇を取ることすら罪悪のようにみなされた。










びわQ



高度経済成長期からの日本では、

第二次世界大戦に敗れた後の戦後の貧しい時代の経験から、

国の復興と経済発展に邁進することこそが社会から個人に求められ、

先の滅私奉公の精神とあいまって、仕事に邁進する人が多く見られた。










ぶどうQ





この当時、まだ日本では女性の社会進出が進んでいなかったこともあり、

女性会社員が家庭を顧みずに働くことはまれで、家庭で男性を支えることが求められた。








メロQ


もうなにかすれすれの

ぐじゃぐじゃかん







男性会社員が家庭を顧みずに仕事を優先させることは

当たり前であるとする風潮も見られ、地域社会の希薄化もあって、

育児はもっぱら母親の責任とされた。









足長Q





特にエリート職であるビジネスマンを始めとして、

サラリーマンでも家庭を顧みない人は多く見られ、


職場を「戦地」に例え、そこに赴く「企業戦士」という言葉も生まれた。












タイQ





しかしこの日本でも、高度経済成長期から一時の不況を経て

バブル期に差し掛かると、職業に没頭した挙句に健康を害したり、

または過労により死亡する人が目立つようになり、

社会問題として仕事に没入することの危険性が指摘され始めた。










ルービックQ








また労働災害や職業病に見られる安全や健康を損なってまで

就労することの是非も問われた。














マイQ




なおこの時期には女性の社会進出も進み、過労で体調を崩すキャリアウーマンも少なからず発生した。





あっしは、前々からマイメロ グッズ集めておるが

上のは知らなかった~

どこに売ってんねん?


欲しいのだ。


















  気違いだからしょうがない









働きすぎの日本人と言うイメージは、イメージ自体が先行しているという批判もある。









kitty197_d.gif





こうした批判の一つとして、先進諸国では米国では平均労働時間は日本人よりも長く、

また日本人より低賃金・長時間労働で日本を追い上げている(韓国、中国などの)

中進諸国の実態が存在する、というものがある。










まいめろ


しかし、日本の労働時間には統計に現れない無償労働(→サービス残業)が多く含まれている。

さらに、この労働時間の中には正社員の半分程度の労働時間であることが多いパートタイマーの

労働時間も含まれており、日本では近年パートタイマーが増加傾向にあることから、

これも全体として日本の平均労働時間を大きく押し下げている。

こうしたことから、表面上の数字のみでの単純比較はできない。





困田一




日本における長時間労働とサービス残業の蔓延は、少子化の原因としてよく論じられる点のひとつである。











まいめろお








関連記事
スポンサーサイト



別窓 | 仕事部門 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<GOOD DOCTOR | のぶかつの部活動 since 1970 | 体力の限界・・・>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| のぶかつの部活動 since 1970 |