FC2ブログ
のぶかつの部活動 since 1970
Do you know the answer to this riddle?
のぶかつの部活動神話



無題sennsuika

後にゴルゴンと呼ばれたメドゥーサ三姉妹は、髪は生きた蛇で、その目を見たものは石になってしまいます。

そして、メドゥーサのみが不死ではありませんでした。

メドゥーサはもとは美しい乙女で、その髪をとても自慢にしていました。

ところがアテーナと美しさを競ったため、その美貌を取り上げられ、

髪はシューシュー音をたてる蛇に変えられてしまったのです。



















khur2_field_image_listing_featured_var_1496702031.jpg




ところがです。

ミーノース王は、その白い牡牛があまりに素晴らしいので、

海神ポセイドンとの約束を別の牡牛を捧げることでごまかしました。

海神は怒り、なんとミーノース王の妃パーシパエーにその白い牡牛を恋するよう、狂わせたのです。

こうして生まれたのが、牛頭で人間の体を持ったミノタウロスです。


















無題kyouhuno j

ティターンもギガンテスも、母親は女神ガイア。

息子たちを幽閉されたり、殺されて怒りが収まらない女神は、

究極の怪物ともいうべきチュポーンをタルタロス(奈落でなく原初の神々の一人)との間に生み落としました。

チュポーンの大きさは、頭は天に届き、両腕を広げると世界の果てにまで達します。

また、その両肩からは恐ろしい竜蛇の頭が百も生え出ています。














無題US


安全神話は、前述した「安全とは100%の安全を意味する」という世間の誤解をさらに強め、

リスクに対する不感症をまん延させる。その一方で、安全神話の“信者”は、安全性の根拠を理解していないため、

いざ何かの事件で安全神話が崩れたと感じると、全面否定の方向に走ってしまう。

その結果、普段は権威の言いなりでリスクについて自ら考えようとせず、

何事かあるとヒステリックに喚き立てる幼児的な国民性が形成されることになる。

img_0_mGOURIKI.jpg


 安全神話のもう1つの弊害は、安全神話を作り出した“神官”が自縄自縛になってしまうことだ。

当該事業者は安全神話が虚構であって、どのようなリスクが残存しているかを承知している。

さらに、事業開始後の技術的知見の蓄積によって、新たなリスクが発見されることもあるだろう。

ところが、たくさんの信者たちの手前、そのようなリスクの存在を今さら認めることができない。

その結果、新しく対策を実施することが難しくなってしまうのだ。









Spartans.jpg


■ ビジネスでより高い成果を上げたい
■ 人間関係の悩みや問題を解決したい
■ コミュニケーション能力を上げたい
■ 販売や営業で成功したい
■ マネジメント能力を向上させたい
■ トラウマやコンプレックスを改善したい
■ 自分のやりたいこと、人生の軸を明確にしたい




関連記事
スポンサーサイト



別窓 | のぶかつアカデミー | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<べつに | のぶかつの部活動 since 1970 | 【重要】 Google Chrome で混合コンテンツがブロックされることが発表されました。 >>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| のぶかつの部活動 since 1970 |