FC2ブログ
のぶかつの部活動 since 1970
Do you know the answer to this riddle?
DOSAKUSA

dekati.png





どさくさとは、災害や事件によりあたりが騒然としている状態をいう。

つまり、政府があまり人気のない政策を押し進める絶好の機会のことである。
















sg120405_03_20200407223903f5e.jpg


「どさ」は、江戸時代後期に佐渡金山の人足確保のために行われた博徒狩りを、

「佐渡」を逆転させて「どさ」といったところから来ているとする説があるが、

江戸時代初期に井原西鶴は「どさくさと入り乱れ」(『世間胸算用』)などとすでにこの言葉を使用しているので、

博徒狩り説は、話としてはおもしろいが、あまりあてにならないようである。




6b19b12_20200407222231da9.jpg















あらすじは、「お金で買えないものは命だけ」という考えにもとづき、金持ちはどのようにして金持ちになったのか、

どのようにすれば自分も金持ちになれるのか、という蓄財の指南書といえるもの。

現代におけるビジネス書や自己啓発本と考えるとよいでしょう。

元禄文化が花開いた時代は、経済が急激に発展した時期です。

越後屋の三井高利が掛け値をやめて札の値段とおりに現金で商売をする「現金掛け値なし」を始め、

紀伊国屋文左衛門が紀州みかんや塩鮭で財を築くなど、先見の明がある人は新しいビジネスに挑戦していました。

その一方で、遊びほうけて破産する者もあとを絶たなかった時代です。

『日本永代蔵』には、真面目過ぎる商人やドラ息子、度を越したケチなど個性豊かな人物が登場し、

浮世を生きるドラマが描かれています。







CuBCZGyUIAEmpND.jpg


全伏線回収開始


気になる 大々的な宣伝 いよいよ ラストに向かってるのですね

100巻にもそろそろ なんぼでも続くと思ってたけど

いやいやまだまだかかるでしょ

なんか緊急事態宣言 兵庫県もはいってるけど どうなんねやろ 見守るしかあらへんわ

おねがいだから何事もなく穏便に願います








関連記事
スポンサーサイト



別窓 | のぶかつアカデミー | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<地震 雷 火事 コロナ ; 地震 ウィルス 火事 親爺 | のぶかつの部活動 since 1970 | HDD>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| のぶかつの部活動 since 1970 |