FC2ブログ
のぶかつの部活動 since 1970
Do you know the answer to this riddle?
STOP THE ST



Horror-Legend-horror-legends-3515221-350-196.gif
一足お先にハロウィン

宗教観や民族性等の違いにより、
翻訳しづらい言葉にぶつかることは、
外国語を学ぶにおいてある程度、
避けられないことですが、
その一例として挙げられるのが、
英語の形容詞で「Suicidal」という言葉です。

「Suicidal」を辞書で調べると、
「自殺傾向がある」と言う意味が書いてあります。
なんとも日本語に翻訳しづらい形容詞ですが、
「Suicidal」は、自殺の兆候がある状態を表します。

でも、辞書だけでは説明できない意味が、
「Suicidal」には含まれます。

なぜなら、我々アジアの考え方では、
自殺が良くないことではあるのは大前提としましても、
時として、責任の取り方であったり、
最大級の謝罪の方法であったりするのに対し、
キリスト教の思想では、
自殺は殺人の一種とみなされるからです。

もう少し掘り下げて説明しますと、
キリスト教の思想では、
人間のテクノロジーで作り出せないものは、
神様による産物とみなされます。
よって命は、神様による産物です。

その命を人為的に終了させることは、
キリスト教的価値観では冒涜とみなされます。
それが自分の命であっても同様です。

つまり「Suicidal」とは、当初に説明した、
自殺の兆候がある状態を意味する他に、
「冒涜的」と言うようなニュアンスを
含む言葉であるわけです。

ちなみに、スケートパンクの第一人者と言っても
過言ではないロックバンド「Suicidal Tendencies」を
直訳すると「自殺しそうな人々」。

でもそのニュアンスとは、
「冒涜集団」
だとか、
「神に背く集団」
と言うような意味なのですね。

BORN TO BE CYCO!

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

なんか警鐘     負の連鎖    シンドローム

 目にはみえないが なんかに包まれてる   不穏

良いことは続かないけど 悪いことは どこまでいくねんってくらい続くぞ

「不安」・「焦燥」・「パニック発作」・ 「不眠」・「易刺激性」 「敵意」・
「攻撃性」・「衝動性」・ 「アカシジア」・「軽躁」・「躁」

シーハン症候群
シェーグレン症候群
紫外線高感受性症候群
四丘体症候群
刺激反応性腸症候群
自己炎症症候群
時差症候群
自殺前症候群

STANDAL.jpg
思春期危機症候群
視床症候群 (Thalamic syndrome)
持続性性喚起症候群
肢端紅斑異感覚症候群 (→ 手足症候群)
膝蓋大腿骨ストレス症候群
失外套症候群
シックハウス症候群
シップル症候群 (Sipple syndrome)
自動醸造症候群 (→ 腸発酵症候群)
脂肪肝出血症候群
シャイ・ドレーガー症候群
シャルル・ボネ症候群


覚える気ない症候群やけども いっぱいあるねえ






関連記事
スポンサーサイト



別窓 | 哲研 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<WHY? Wi-Fi?WHAT? | のぶかつの部活動 since 1970 | すーぱーなちゅらる 2週目>>
この記事のコメント
2020-10-10 Sat 13:16 | URL | sgvtychtj #EBUSheBA[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| のぶかつの部活動 since 1970 |