fc2ブログ

🦇The Dark Knight🦇



batman-dark-knight.png



顔の半分を失い、レイチェルの死を知ったハービー。ジョーカーのスパイである警官のワーツと、もう一人の警察の誰かによって起きた監禁について、ゴードンは謝罪するものの、ハービーは受け入れることはできなかった。

その頃、ウェイン産業の外部コンサルタント会社の弁護士であるリースがテレビに出演し、バットマンの正体を明かそうとしていた。するとその放送にジョーカーから電話が入り、「バットマンのいない世界を想像してみた。マフィアは小金を稼ぎ、警察は奴らをつぶす。1度に少しづつな。そんな街はとても退屈だ。そして考えを変えた。バットマンの正体は暴かない。楽しみを分かち合おう。チャンスをやる。テレビに出ているリースを60分以内に殺せ。さもなくば病院を吹っ飛ばす」と市民に呼び掛けた。

ゴードンは周辺の病院の保護と、リースを守るようを指示を出した。しかしテレビ局には病院に入院している家族を犠牲にさせまいと人々が押し寄せ、リースに発砲するなど事態は悪化していった。

ゴードンはリースを保護し警察車両でその場を離れるものの、同乗していた警察官の妻が病院に入院していることがウェインからゴードンの携帯に報告される。それはつまり、リースの射殺に注意しろということだった。しかしウェインの助けもあり、なんとか助かったゴードンとリースだった。

同じ頃、ハービーの病室にナース姿のジョーカーが現れ、自分は混乱の使者であることを伝える。ハービーはコイントスをしてジョーカーの射殺を決めます。しかしその後、ジョーカーは彼の病室を出ると、その病院を木っ端みじんに爆発させるのだった。

ゴードンのもとに病人の避難状況の報告が入る。それによるとバスに乗せた50人と、ハービーの行方が不明になっているという。


テレビ局にはジョーカーから市民への警告メッセージが届いていた。「諸君はリースを殺せずにどうした? ゲームに参加してもらう。街は俺が支配する。俺の指示通りに動け。嫌なら今すぐ街を去れ。ただし橋とトンネルには用心しろ。」と。

怒りと憎しみによってトゥーフェイス(2つの顔のハービー:ハービーが内部調査部時代に警察から付けられたあだ名)となったハービー。彼は街のバーで酒を飲んでいた非番の警官ワーツ(自分を誘拐したスパイ)に詰め寄り、レイチェルを連れ去った警察にいるスパイは誰だと迫る。しかし、「こんなことになるとは思わなかった」と答えたワーツは、トゥーフェイスによって射殺された。トゥーフェイスは次にマローニに迫り、もう一人のスパイを吐かせた。そのスパイとは女刑事のラミレスだった。トゥーフェイスはマローニも殺害するのだった。

バットマンはジョーカーの居場所を見つけ出すため、街中の通信機器を盗聴することをウェイン産業社長のフォックス(モーガン・フリーマン)に依頼した。しかしフォックスは、それと引き換えに会社を去ると告げるのだった。

ジョーカーが、橋とトンネルに警告を与えたことで、市民は逃げるに逃げられず、街は交通がマヒしていた。そして警察はフェリーで住民と囚人たちを逃がそうとした。しかしそれぞれのフェリーには爆薬が積まれており、住民が乗る船と囚人が乗る船にジョーカーから連絡が入る。「午前12時になったら両方のフェリーを爆破する。だが、お互いのフェリーに互いの起爆装置を持たせた。どちらかを先に爆破させれば片方のフェリーは助けてやる」と言う。

その通信を傍受していたフォックスからバットマンに、ジョーカーの居場所「プルイット・ビル」が伝えられる。それはゴードンにも伝えられた。

その頃、ゴードンの妻にラミレス刑事から連絡が入る。「ゴードンが、急いで子供と車へ行くよう言っている。家にいる護衛は怪しいからすぐに逃げるように。52丁目250番地へ向かって」と。しかしその電話は、ラミレスを脅したトゥーフェイスが、ゴードンの家族をおびき寄せるために電話したものだった。

プルイット・ビルの向かい側にあるビルに集結したゴードン達警察は、不明となっていたバスと50人の人質たちがプルイット・ビルに捕らわれていることも確認し、SWAT突入の準備をしていた。するとそこへバットマンが現れ「それはだめだ、相手はジョーカーだ。」と言う。ゴードンは「ジョーカー逮捕を急がないとフェリーが爆発する」と言うが、バットマンは「5分で済む」と言って一人でビルに突入していった。

ゴードンの携帯が鳴り、電話に出ると妻が「息子がハービーに連れ去られた」と言う。トゥーフェイス(ハービー)が電話に出て「俺の家族(レイチェル)が死んだ場所に来い」と言って電話を切った。

プルイット・ビルのバットマンはフォックスからの盗聴情報をもとに、敵、人質、SWATの居場所を確認。しかし敵だと思われたピエロ姿の男たちは人質だった。ジョーカーの罠だったのだ。しかしSWATは気付かずに突入を開始。バットマンは人質をSWATからの攻撃から救いながら、敵を倒し、ジョーカーの居場所を特定した。

「フェリーの起爆装置を渡せ」とジョーカーに迫るバットマン、2人の死闘が始まる。しかしフェリー爆発の時間は迫っている。そして午前12時、どちらのフェリーからも起爆装置が起動されることは無かった。それなら自分で起爆すると言ってジョーカーが起爆装置を取り出すが、危機一髪のところでバットマンはそれを阻止し、ジョーカーを捕らえた。

だが、ジョーカーは「ゴッサムの光の騎士、ハービー(トゥーフェイス)を俺たちと同じ悪党のレベルに落としてやった。」と言って笑うのだった。

ゴードンはレイチェルが亡くなった52丁目250番地の建物に到着する。そこで待ち伏せていたトゥーフェイスは、ゴードンの妻や子供たちを人質にとっていた。「レイチェルはゴードンの部下のせいで死んだ」と嘆くトゥーフェイス。そしてゴードンの息子ジミーを殺害しようとする。

そこへバットマンが現れ、レイチェルを救うためにみんなが努力したことを伝えるも、トゥーフェイスは「自分だけが最愛の人を失った、公平ではない」と訴える。バットマンは、「ジョーカーの狙いは高潔なハービーでさえ悪に染められることを証明したかったのだ」と明かすが、トゥーフェイスはコイントスの結果でバットマンを銃で撃ち、続いてゴードンの息子を殺そうとする。しかしその直後、バットマンがゴードンの息子を助け、トゥーフェイスは高所から落下して死亡するのだった。

ゴードンは言う「ジョーカーの勝ちだ。ハービーが悪と戦った努力は水の泡だ。正義漢の彼の行動が知れたら街の浄化など望めない。希望は消えた。ジョーカーは光を闇に変えた。市民は絶望する。」それに対しバットマンは「ジョーカーには勝たせない。ゴッサムにはヒーローが必要だ。ゴッサムのため私がハービーの罪をかぶる」と言うのだった。

ゴッサムシティではヒーローであるハービーの死を惜しみ、バットマンは5人の殺人の罪を背負うことになった。警察は犬を放ちバットマンの捜索を開始する。

ゴードンの息子ジミーは「なぜバットマンは追われるの?何も悪いことをしていないのに」とゴードンに尋ねる。するとゴードンは言う「バットマンは街に必要な人だ、ただし今は”時”が違う。だから追う。だが彼は強い。彼はヒーローではない、沈黙の守護者、我々を見守る監視者。暗黒の騎士(ダークナイト)だ。」

バットマンはバットポッドでゴッサムシティを走り去るのだった。



         batman-dark-.jpg


ジョーカーはのぶかつの中ではヒースレジャー

ニコルソンでもホアキンでもない

トゥーフェイスは呆気ない もっと出してあげても

イメージは大切にしている もうこだわりかな

ジョーカーの映画はまだ未見 2ももうすぐなんやろ

暗い作品やけど レリックとは全くちゃう 映像は素晴らしい

音楽はハンスジマーやのに控えめ 壮大なミュージック期待してたが 作りすぎかなあ

ちょい枯渇気味なんかなあ 

監督も凄いな 確立されてる 兄弟で才能が恐ろしい

さて最終は来週やな マッドマックスも終わるし まあ指標になってありがたい

無条件に見ようってなるし ありがたいことですわ

配信終了に急かされてるのぶかつでした












関連記事
スポンサーサイト



テーマ : Amazonプライムビデオ
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

heloo

nice
IDENTITY

きしだ のぶかつ

Author:きしだ のぶかつ
神戸市在住
栄光に向かって負けないこと
趣味;人のブログからネタをパくり自分の記事に
特技;妄想暴走
1970年1月2日生 山羊座 O型 戌年
国籍不明 年齢不詳
実家ぐらし
LINE:ID nobukatsu666

K-FILES
spam or comments
ジェダイの騎士
のぶかつ海賊団
カテゴリ