fc2ブログ

Ripper Street Season 5 - The Final Season


シリーズ5は、シリーズ4のイベントを継続します。ドレイクが殺害され、様々な犯罪が暴露された後、リード、ジャクソン

スーザンはミミ・モートンの助けを借りてホワイトチャペルに身を隠す。

<>人は密かにホワイトチャペル・ゴーレムの正体であるナサニエル・ダヴを暴き、彼の弟で副長官のオーガスタス・ダヴを

裁判にかけようとする。不安定なジェデダイア・シャインがH師団長となり、リードを捕まえることを誓い

マチルダはドラモンド軍曹と暮らすようになる。



            511tQ7DSAEL.jpg


32 1 「閉じた棺」
19年2017月<>日 (BBC Two) 3.02
警察から逃亡中のリード、ジャクソン、スーザンは、ジャクソンの元恋人ミミ・モートンの世話で、ダヴ警部補を倒し、長い間行方不明だった兄、連続殺人犯ナサニエルの真実を明らかにする方法を見つけなければなりません。リードとジャクソンは、ナサニエルが飼い主から闘犬を盗まれた事件の犯人であることを発見し、次の闘犬の場所を突き止める。彼らが到着する前に、ナサニエルはすべての闘犬を解放し、ホワイトチャペルに殺到を引き起こします。リードとジャクソンは追撃するが、群衆の中にナサニエルを見失う。一方、Hディビジョンは、新しいリーダーであるKディビジョンの元リーダーである恐れられているジェデダイア・シャイン警部に紹介されます。ジャクソンとリードがドッグファイトに参加していることを知ったシャインは、彼らを捕らえるために彼らを誘い出すことを期待して別のものを用意します。
33 2 「脆い糸」
26年2017月<>日 (BBC Two) 2.41
リードとジャクソンは、シャインとサッチャーが劇場に到着したとき、そこが彼らの隠れ家ではないかと疑って、逃げることを余儀なくされる。ジャクソンは、シャインがミミに危害を加えると脅したとき、引き金を引く指をコントロールすることを余儀なくされますが、彼女はなんとか冷静さを保ちます。彼らは最近亡くなった港湾労働者の死体を策略として利用し、ナサニエルを煙に巻いて隠れることにした。彼らはオオカミの歯を使って以前の犠牲者に与えた傷を再現し、死体をレマン通りからわずか数メートルの路地に放置します。しかし、シャインは頭が良すぎて、死体をいたずらだと見抜いてしまう。朝刊がリードを自警団の英雄として描くとき、シャインは編集者のカステッロと対峙するが、彼の尋問はサッチャーにとってあまりにも多くのことを証明し、いじめっ子と潜在的な性的捕食者の支配下に置かれることにうんざりし、リード、ジャクソン、スーザンを探して、彼らに多くの必要な助けを提供する。
34 3 「きらびやかな刃物」
3年2017月<>日 (BBC Two) 2.14
ナサニエルは、ホワイトチャペル郊外の田舎にある廃墟となったコテージに兄に追放され、魚屋台で売るウナギを集めるために毎日訪れる魚売りのサムナー氏に慰めを見出す。サムナー氏が長年の病気で突然亡くなったとき、ナサニエルは娘のプルーデンスと幼い息子のロビンを助けることを申し出ます。しかし、彼は彼女の兄であるカレブが歓迎されていないことに気づきます。泥棒が屋台からプルーデンスの品を盗もうとすると、ナサニエルは指を折って応戦する。逃亡を余儀なくされた彼は、後にプルーデンスによって彼の行動を許されるが、彼女は後にアウグストゥスによって彼の暴力的な傾向について警告される。ナサニエルはなんとか信頼を取り戻すが、その過程でケイレブに殴られていることに気づく。彼がケイレブと対峙したとき、状況は暴力的になり、ナサニエルは彼の動物的傾向が再び表面に現れるのを見守ることを余儀なくされます。
35 4 「夢見る死者」
10年2017月<>日 (BBC Two) 2.31
サッチャーは、ナサニエルの手によって母親と叔父が死んだ後、幼いロビンが恐怖に怯えているのを見つけます。彼は少年をリード、ジャクソン、スーザンの世話に渡し、彼らはナサニエルにつながると信じる情報を明らかにすることに成功します。サムナー夫妻の家に着くと、家が丁寧に掃除され、2人の遺体が処分されていた。しかし、シャインはそれほど遅れをとっていませんが、殺人鬼の正体を知って驚いています。リードの情報を得て、彼はダヴと対峙し、兄の動物性癖の噂が本当であることを発見する。しかし、ダヴはシャインにリードのほうが大きな脅威だと説得する。リードとジャクソンは川でロビンの死体を発見する。ジャクソンはリードの作戦への関与をやめ、代わりに息子を鳩の爪から救い出すことを決意する。一方、リードはシャインが仕掛けた罠の犠牲者だった。
36 5 「最後の善行」
17年2017月<>日 (BBC Two) 2.06
リードが投獄されたため、ジャクソンとスーザンはコナーを連れて脱出を計画する。しかし、スーザンはマチルダと父親の関係が破綻するのを見るのに耐えられず、良心の呵責からジャクソンとリードを拘束から解放する計画を立てる。しかし、リードには別の考えがあり、ジャクソンの計画に同調することを拒否した。サッチャーにロビン・サムナーの死体を掘り起こし、ダヴの有罪を証明するために派遣したリードは、H師団の壁が彼の周りで崩れ落ちるのを待っている。しかし、ダヴはサッチャーの計画を知らされ、少年の墓のそばでサッチャーの死をもたらし、彼の遺体を川に捨てる。しかし、ナサニエルはその一部始終を目撃し、ロビンの遺体をスーザンの元に連れて行く。一方、カステッロはH課の旧友であるアバーライン主任警部に連絡を取り、ダヴの殺人事件への関与を証明する手助けをすることにした。
37 6 「オカレンスレポート」
24年2017月<>日 (BBC Two) 2.16
ダヴは裁判にかけられ、弟のナサニエルとスーザンも裁かれる。公のスキャンダルを隠蔽するため、長官はダヴを偽名で裁判なしで投獄するよう命じた。スーザンの処刑に立ち会う代わりに、ジャクソンはコナーと共にアメリカへ向かう。リードは検査官として復帰する。マチルダは結婚し、妊娠してホワイトチャペルを離れ、子供を育てるためにより健康的な環境を求めます。リードは彼女と一緒に行くことを拒否し、彼女の頻繁な手紙を読んだり、彼女が彼に送った写真を見たりすることで満足しています。ミミのアレクサンドリア劇場が一般公開され、1899年の大晦日、ミミはアメリカでジャクソンが亡くなったという知らせを受けた後、求婚者を連れて去ります。リードは切り裂きジャックの記憶に悩まされ続け、事件の解決に失敗したことで決着をつけようとする。しかし、これは実を結ばず、彼はホワイトチャペルを唯一の守護者として取り締まり続け、世紀の変わり目をオフィスで一人で日々の出来事の報告を読んで過ごした。





見終わった 完全に 物語には絶対的な悪役が必要なんだとよくわかった

ちょっとだれてたのに シャインが復帰して 俄然面白くなってきたし

警視監の見た目良いのに極悪 またその弟が極悪 いわゆる極悪兄弟

最終話というか終わり方はぐだぐだ 打ち切りが決定したからなのか

グダグダだから 打ち切り決定になったのか どっちかしらんけど

納得のいくものである もう続きはないですよ みたいな 感じで

なんか ベネットが生きてるときに戻ったり 若いころのシーンとか

迷走してたけど よく着地点があったものだ

アバーラインの復活もよかったが 惜しむらくは ロビンの死

ナサニエルと大尉の嫁の絞首刑 一度助かったのに 残念だった

気になる点も多々あるけど

ホワイトチャペルの空気というか 雰囲気は映像で見る限り大好きのぶかつ

結局 切り裂きジャック問題は解決せず 持ち越しでもなく 勿体ない

もっと続けれてたはず 

お疲れさまでした  あざざました



          9ripper5f.jpg




関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 海外ドラマ(欧米・イギリスetc)
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

IDENTITY

きしだ のぶかつ

Author:きしだ のぶかつ
神戸市在住
栄光に向かって負けないこと
趣味;人のブログからネタをパくり自分の記事に
特技;妄想暴走
1970年1月2日生 山羊座 O型 戌年
国籍不明 年齢不詳
実家ぐらし
LINE:ID nobukatsu666

K-FILES
spam or comments
ジェダイの騎士
のぶかつ海賊団
カテゴリ