FC2ブログ
のぶかつの部活動 since 1970
Do you know the answer to this riddle?
先入観を持つとえらい目に
name-of-the-rose.jpg

人間の認識や認識に基づく行為はすべて、何らかの意味で、直接の対象認識の前に、

予備的な知識や、認識・把握の枠組みが存在するものである。

哲学的には、客観である「もの自体」は認識できず、主観の「認識形式」というフィルターを常に通じて、

人間の対象認識や、世界に対する行為は成立している。






61EksMuKTuL__SL500_.jpg
別窓 | 図書委員会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
虚構故にリアル












total pyramid





















sauzaaaaaaa.jpg








横溝正史の「夜歩く」などにも見られる手法だが、読者はある時犯人が作った創作を読まされていたことに気づく。

「夜歩く」は不発だったと言えるが、この作品は大成功したと言えるだろう。

読んでいくうちに何が真実で何が虚構なのかわからなくなって混乱する。

そして読んだ後に気づくのだ。

全部虚構なのだと。

ルメートルは実にリアルな描写をする。

Suspiria-lighting.jpg












作中で誰かが痛みを感じれば読者も痛みを感じる。

まるで鋭利な刃物のように、とても痛く、それは避けがたい。

もうどっちの世界かわからなさすぎて逆にグイグイ読み進んだ

もっと味わえばよかった。3部作一気読みやわ













bj.jpg

今度の台風12号やばそう

従来と違う

別窓 | 図書委員会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
悲しみのイレーヌ 2巡目
ire-nu.png



凄惨な事件現場に耐性があれば、ミステリーが次第に紐解かれていく工程は楽しい。

しかし、ここからクライマックスに向けて、どう展開するのだろう? 

と、思ったあたりから、まったく突然、物語はとんでもない方向へ舵を切る。

ミステリー小説は、大抵最後の100ページは怒涛の展開となる。

それはトリックの種明かしだったり、容疑者が二転三転したり。

「悲しみのイレーヌ」でも、怒涛の展開が起きる。

ただしそれは、通常とは全く異質な展開だ。

この衝撃は、ぜひ読んで味わってほしい。

言うならば、楽しく見ていた映画のクライマックスで、

突然画面の中の人物が「犯人はおまえだ! 」と観客に向かって指をさしたような感覚なのだ。

ミステリー小説が背負っている宿命―“殺人事件という娯楽”への問いかけとも言えるこの衝撃。

4つのミステリー賞を受賞したのも納得の作品である。

なお、ヴェルヴェーン警部が再び活躍する『その女アレックス』を既読の方は、

改めて読み返したくなるだろうし、未読の方はぜひ続けてこちらの作品も読んでほしい。





2回目読了、やっぱ斬新 フランスやるジャンって感じ

それにしてもミステリー小説って大概読んでもおぼえてないけど

これは別格 映画化してほしいけど無理やな ラストが酷い

濁せば大丈夫かなとかそういう問題じゃないもんな


dahlia image
別窓 | 図書委員会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
BLACK DAHLIA
kuroi daria


この夏は暗黒小説にでも手をだそうかと

ジェイムズ・エルロイからか いずれにしてもLA3部作を読むことになるのか

悲しみのイレーヌ読み始めたから波及

読書2回目に突入すると観点が違い新たな発見に新たな感情を呼び起こされる
別窓 | 図書委員会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
のぶかつの部活動に聞いてみろ
span style="color:#ff0000">“石膏像には最初から首がなかった”


バンナソナナ




それにしても、プロットには相当無理があるように思える。

杜撰な犯行計画だったけど、うまく行ってしまった、

という前提で考える、という感じ。

往々にして現実は、そんなものかも知れないが。

登場人物の行動にも納得し難い部分が多く、

芸術家はエキセントリックなもの、

というイメージに寄り掛かることで、

辛うじてリアリティを持たせているように見える。










だまされた~





話題作には気をつけないと

えらい目みるですだ。


















無いすセンス


製作者の苦労とか

努力されてるのは理解できますですが・・・






















ほいっ


「あちしにはオモヂロミがわからないある」








Strain-5.jpg

あかん、休みの日は寝てしまう

昨日はようあんなけ遠出したもんやでぃ













最初はあったかも
“石膏像には最初から首がなかった”それにしても、プロットには相当無理があるように思える。杜撰な犯行計画だったけど、うまく行ってしまった、という前提で考える、という感じ。往々にして現実は、そんなものかも知れないが。登場人物の行動にも納得し難い部分が多く、芸術家はエキセントリックなもの、というイメージに寄り掛かることで、辛うじてリアリティを持たせているように見える。話題作には...">別窓 | 図書委員会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
続のぶかつの部活動は死によって包囲されている







blade-1-600x420.jpg
























sub-buzz-.jpg

めもりながら読まないといけん作品がある。

一気に春が来た。

朝夜はまだ冷えるかな























e7b094866298a0f0c2df9067bb32918b[1]


登場人物おおすぎ

人がぽこぽこ死にすぎ

三巻目あたりから様相のほうが



でも、こんなに面白いなんて思わんかったj
















0d0832e7ef79369bfde4d9b685edf4be_400[1]





最も有名な究極の選択を憑き付けてくる













4_6b5a4c44861071fdcf164d00bf685fd0[1]









vs







img_33036_61357151_1[1]






第一部 鴉たち
・・・一章・・・

室井 静信
むろい せいしん 上14
僧侶。副業が作家。若御院ともよばれる 33~4歳
-------------------------------------------------------------

結城
ゆうき 上20
創作工房。越してきて1年。
--------------------------------------------------------------------------------

武藤 
むとう 上21
尾崎病院事務。結城の知る唯一の移住者
--------------------------------------------------------------------------------

広沢
ひろさわ 上21
中学教諭
--------------------------------------------------------------------------------

小出 梓
こいで あずさ 上21
創作工房。籍は入れていないが結城と家庭を持つ
--------------------------------------------------------------------------------

田所 光男
たどころ みつお 上27
寺の雑務を担当。
--------------------------------------------------------------------------------

室井 信明
むろい のぶあき 上27
住職。静信の父。脳卒中で倒れてからは静信にまかせている
--------------------------------------------------------------------------------

鶴見
つるみ 上28
通い僧侶
--------------------------------------------------------------------------------

千代
ちよ 上28
寡黙で表情に乏しい老女
--------------------------------------------------------------------------------


すみ 上29
近隣の村からの通い僧侶
--------------------------------------------------------------------------------





0001_20110908221010[1]


池辺
いけべ 上29
近隣の村からの通い役僧
--------------------------------------------------------------------------------

田所 克江
たどころ かつえ 上29
光男の母。寺の雑務を担当。
--------------------------------------------------------------------------------

室井 美和子
むろい みわこ 上29
静信の母
--------------------------------------------------------------------------------

安森 節子
やすもり? せつこ 上30
檀家総代のひとり安森徳次郎の後添い。檀家の女衆のまとめ役。工務店
--------------------------------------------------------------------------------

竹村 五平
たけむら ごへい 上31
老人
--------------------------------------------------------------------------------

兼正
かねまさ 上31
竹村家の屋号。現在古い洋館に
--------------------------------------------------------------------------------








e91324f107eef5e35c071b84f670ad1e1-500x375[1]


国広 律子
くにひろ? りつこ 上33
看護婦 28歳
--------------------------------------------------------------------------------

永田 清美
ながた きよみ 上36
看護婦 40オーバー
--------------------------------------------------------------------------------

橋口 やすよ
はしぐち やすよ 上36
看護婦 50オーバー
--------------------------------------------------------------------------------

尾崎 敏夫
おざき としお 上37
医院長。32歳
--------------------------------------------------------------------------------

尾崎 恭子
おざき きょうこ 上37
院長長夫人。溝辺町でアンティークショップ経営。外場には月に数度帰ってくる
--------------------------------------------------------------------------------

尾崎 考江
おざき  上37
医院長の母
--------------------------------------------------------------------------------














6e8af7a0[1]


関口 みき
せきぐち みき 上38
病院パート
--------------------------------------------------------------------------------

高野 藤代
たかの ふじよ 上38
病院パート
--------------------------------------------------------------------------------

十和田
とわだ 上38
病院パート。事務
--------------------------------------------------------------------------------

汐見 雪
しおみ ゆき 上38
看護婦。村外から通勤
--------------------------------------------------------------------------------

井崎 聡子
いざき さとこ 上38
看護婦。村外から通勤
--------------------------------------------------------------------------------










6feec666a282bb073371bdaf9790a4e0_400[1]


下山
したやま 上38
レントゲン技師
--------------------------------------------------------------------------------

前田 元子
まえだ もとこ 上43
主婦。夫はJA職員。「ちぐさ」でパート
--------------------------------------------------------------------------------

矢野 加奈美
やの かなみ 上45
国道分岐点でドライブイン「ちぐさ」を経営
--------------------------------------------------------------------------------

前田 志保梨
まえだ しほり 上45
前田家
--------------------------------------------------------------------------------

前田 茂樹
まえだ しげき 上45
前田家
--------------------------------------------------------------------------------

清水 寛子
しみず かなこ 上45
「ちぐさ」で読書
--------------------------------------------------------------------------------

田中 佐知子
たなか さちこ 上47
「ちぐさ」でお茶
--------------------------------------------------------------------------------




347ffcd443a73ca3389fdfcbd16ef77d_400[1]


田中 かおり
たなか かおり 上47
「ちぐさ」で母の佐知子とお茶。中3
--------------------------------------------------------------------------------

小出 夏野
こいで なつの 上49
創作工房一家の息子。高校16歳
--------------------------------------------------------------------------------

武藤 徹
むとう とおる? 上49
父は尾崎医院の武藤。兄
--------------------------------------------------------------------------------

武藤 保
むとう たもつ 上49
父は尾崎医院の武藤。弟
--------------------------------------------------------------------------------

村迫 正雄
むらさこ まさお 上49
保と同級生。村迫米穀店三男。夏野を毛嫌い
--------------------------------------------------------------------------------

佐藤 笈太郎
さとう さくたろう 上52
タケムラ文具店で井戸端会議
--------------------------------------------------------------------------------

竹村 タツ
たけむら たつ 上52
タケムラ文具店で井戸端会議の老人
--------------------------------------------------------------------------------

大塚 弥栄子
おおつか やえこ 上52
タケムラ文具店で井戸端会議の老人
--------------------------------------------------------------------------------

広沢 武子
ひろさわ たけこ 上52
タケムラ文具店で井戸端会議の老人
・・・二章・・・

--------------------------------------------------------------------------------



しきさん

我思うに 小説の面白さって自分の最良のものを置き換えることができるからいいんだよな

アニメに映像化されるのは自分のイメージに合うかどうかであるから賛否巻き起こる

この作品は小説に漫画も読んだけど概ね良かったbアニメも見てみたいしキングさんの

元の方も読んでみたい




































6e8af7a0[1]


柚木
ゆずき 上60
図書館司書
--------------------------------------------------------------------------------

大川 富雄
おおかわ とみお 上64
酒屋主人
--------------------------------------------------------------------------------

高見
たかみ 上64
駐在
--------------------------------------------------------------------------------

村迫 三重子
むらさこ みえこ 上72
山入の老人。
--------------------------------------------------------------------------------

村迫 秀正
むらさこ ひでまさ 上72
山入の老人。
--------------------------------------------------------------------------------

大川 義五郎
おおかわ ぎごろう 上72
山入の老人。
--------------------------------------------------------------------------------

田中 昭
たなか あきら 上78
田中家、かおりの弟 中1
--------------------------------------------------------------------------------

ラブ
らぶ 上78
田中家の飼い犬。
--------------------------------------------------------------------------------

清水 恵
しみず みつこ 上80
高校生。洋館が気になるお年頃。
--------------------------------------------------------------------------------

大川 篤
おおかわ あつし 上83
大川酒店の息子。20過。
--------------------------------------------------------------------------------

加藤 裕介
かとう ゆうすけ 上88
近所で唯一の小学1年生。電気屋、父子家庭
--------------------------------------------------------------------------------

田代 るみ
たしろ るみ 上90
田代書店を営む。
--------------------------------------------------------------------------------






6e8af7a0[1]


田代 正記
たしろ まさき 上90
田代書店を営む。静信より2級上
--------------------------------------------------------------------------------

矢野 妙
やの たえ 上94
足に関節炎を患っている老人。ふきの茶飲み友達。「ちぐさ」
--------------------------------------------------------------------------------


sikisann.jpg












後藤田 ふき
ごとうだ ふき 上94
たえの茶飲み友達・・・
--------------------------------------------------------------------------------

後藤田 秀司
ごとうだ ひでし 上94
独身38、9歳。・・・
・・・三章・・・

--------------------------------------------------------------------------------

小池 昌司
こいけ しょうじ 上99
中外場の弔組世話役。
--------------------------------------------------------------------------------

室井 信明
むろい しんめい 上99
静信の父、昨年脳卒中で倒れ寝たきりに。住職
--------------------------------------------------------------------------------

前原 せつ
まえはら せつ 上116
橋本病の患者







ec728e60-399x423[1]
別窓 | 図書委員会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
R.I.P.
tumblr_n6czrreTBZ1rp0vkjo1_500.gif






好きな作家も亡くなるのですな

浅見光彦シリーズ好きやったわ

初めて読んだのはシーラカンス殺人事件だっけ

ほぼ全巻読破したけど

内容ほぼ忘れた

内田康夫様のご冥福をお祈り申しあげます
別窓 | 図書委員会 | コメント:1 | トラックバック:0 |
のぶかつの好きな世界
6050515355_58f6e9810c_z[1]







8年前、卒業論文の執筆のため、後鳥羽法皇が隠岐に流された道順を追って旅行していた女性、

正法寺美也子は土砂崩れにあい、友人である浅見祐子と自らの記憶とを失ってしまった。

女は友人の冥福を祈り、失われた記憶を取り戻すために旅行をしていたが、ある古本屋で自分の記憶に関わる

一冊の書物を見つける。しかし、その日の午後、広島県の国鉄三次駅構内で、彼女は遺体となって発見された。

彼女の遺留品からはあの本が紛失していた。







DSC06321.jpg


その事に目をつけた野上刑事は捜査本部に報告するが、無視されてしまった。

日、彼は正法寺美也子を目撃していた富永隆夫が殺害されたことをニュースで知ると、

女のことを知るために東京へ出張した。彼はそこで浅見祐子の兄、浅見光彦と出会う












NEKON.jpg
別窓 | 図書委員会 | コメント:360 | トラックバック:0 |
百舌シリーズ読了
テレビと全く違うもぐいぐい

倉木死ぬし、明星と結婚するし、できた子供がすぐ殺されるし

津城警視も死ぬし、ドラマ見てから読んだからこんな気持ちなんやろか

先読んでたらドラマもっと面白かったかも

奥深いし、幅広いし、次の作品

14年たってるからもう無理やろな
別窓 | 図書委員会 | コメント:717 | トラックバック:0 |
砕かれた鍵
クラキ死ぬんかい

タイラーとか グラークアルファ作戦やら

しょうせつにはかけらもあれへん

テレビのオリジナルだとしたら相当達者な脚本家おるんちゃうん

凄い創作能力やわww

ダルマもでてこうへんし
別窓 | 図書委員会 | コメント:437 | トラックバック:0 |
BACK | のぶかつの部活動 since 1970 | NEXT