FC2ブログ
のぶかつの部活動 since 1970
Do you know the answer to this riddle?
言語野を散らかして
jigfrdess.jpg


この夏は読書に限る。
別窓 | twitter.nobu.com | コメント:0 | トラックバック:0 |
死のドレスをのぶかつの部活動に
protectedimage.jpg


外 うろちょろしたらあかん温度やわ

死のドレスを花婿に読み始める

結局3部作一気読みしたけど良かった
別窓 | 図書委員会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
五大部活動
cap084.jpg



•「家族を大切にしないやつは漢じゃない」
•「一度だけだ、今回一度だけ質問を許してやろう。」
•「友を近くに置け、敵はもっと近くに置け」
•「全ての船が同じ方向を目指して進まなければならない」」
•「銃は置いていけ。カノーリは持ってきてくれ」
•「友を近くに置け、敵はもっと近くに置け」
•「全ての船が同じ方向を目指して進まなければならない」



Il-padrino-.jpg




『ゴッドファーザー』は観るときの年齢や状況に応じて、

感じる事や響くことが違ってくるように、

ときが経つほどに違う味わいを見せてくれる名作です。




god.jpg
別窓 | 映画研究会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
地蔵盆中止





1032743_650.jpg




まじでえええええ















多分この設定○


近所の貼り紙見た

























juytrrr.jpg

ちょっぴりショック

お菓子が・・・・・・・・・・・・・・・






bca64db6-s.jpg
































鼻くそ

















罠





















のぶかつです。



小さい気も一休





…ただいま多忙の為、更新停止中です…
ちゃんと自分が決めた目標を達成したら、必ず戻って来ます。
それまでもう暫くの間、お待ち下さい。



























・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・









































トキは流れ










お久しぶりです。
長い間、ご無沙汰してしまい申し訳ありません。
こんな全く更新のないブログなのにまだたくさんきてくれる人がいて…とってもうれしいです。

メール・コメント、沢山ありがとうございます。
ちゃんと読ませて頂いています。(レスしなくってスイマセン。)
こんなブログですが、これからも宜しくお願いします。













元祖ちっちゃいおっさん


※ブログ更新停止中ですが、レポと画廊は亀ペースですが、随時更新しています。
…きまぐれなのでそっと見守っててください;)

=コメントについて=
コメントはなるべく古い記事にお願いします。
コメント投稿者に対する批判などは禁止しません。
中傷・批判・アラシなどのコメント、不適切・不愉快と
判断したコメントに関しましては、削除しませんのでご了承下さい。
IPは管理していません。


















めだか師匠

=日本国外からアクセスして下さっている方へ=
当ブログにお越し頂きありがとう御座います。
アメリカ・タイ・中国・韓国・カナダ・ロシア・ドイツ・フィンランド

アラブやら中近東・ラブジル・メキシコシコ等からの沢山のアクセスに吃驚しています。








  ありがとにゃーーー


メール・コメントも沢山頂き、ありがとうございます。
頂いたメール・コメントは、ちゃんと読ませて頂いています。(辞書片手に頑張ってます;;;)
ただ、日本語が得意では無い為、お返事がどーしても書けず…申し訳ありません。



16352_1.jpg




















































  休部中
別窓 | 妄想部 | コメント:0 | トラックバック:0 |
承知
suspiria2.jpg

結末知っている。

犯人も分かっているのに読んでる。

細かいデティールは抜け落ちてる

アルマンが死んでたなんて こんな発見あるからやめられない

リピートって重要やな
別窓 | 図書委員会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
窮のぶかつ窮
phantom-menace-2.jpg



仕事の量は完了するために与えられた時間を全て満たすまで膨張し、

支出の額は収入の額に達するまで膨張するという法則。


切羽つまらないと中々物事に取り組むことができない人間の弱さを教えてくれる法則。
別窓 | のぶかつアカデミー | コメント:0 | トラックバック:0 |
GOYA
order_-grande.jpg


この魔女の夜宴はバスク地方アケラーレ山中でおこなわれていたと迷信的に伝えられており、

ゴヤはこの魔女伝承へと強い興味を抱き、

自身の様式的特徴となる人間の内面的な退廃や蛮風に

示される本質的真意を模索しがら本作を手がけたとも解釈することができる。

ゴヤ好き


別窓 | 美術部 | コメント:0 | トラックバック:0 |
己「・」
3suspiria.jpg


自分のこと分かってんのに・・・                          ・・・残念
別窓 | twitter.nobu.com | コメント:0 | トラックバック:0 |
地獄でまた会おう
006-the-name-of-the-rose.jpg



もうそろそろ次出ないかなあ

3年前、映画化いうてたけど音沙汰なし

やっぱり無理やったかなあって無理やと思うわ

ミステリーやのうてホラーになってまう

配役も難しいで

145センチの俳優って 池乃めだかちゃんくらいやん

ルイにアルマンかあルグエンはイメージできるけど

アレックスのイメージはスカーレットヨハンソンがぴったりやなあ

でも硫酸のくだりをどうするかでんな

まああたいは小説で十分です









017-the-name-of-the-rose-theredlist.jpg
別窓 | 図書委員会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
累計訪問者0・・・
rumeeeeeee.jpg



保育士転職のチップを渡すを知りたい。

堪える取材します。

保育士転職の綿密なはこちら。

プラスもうなるサイトを進む。


ルメートル作品の絵画を追いかける予定。
別窓 | 美術部 | コメント:0 | トラックバック:0 |
先入観を持つとえらい目に
name-of-the-rose.jpg

人間の認識や認識に基づく行為はすべて、何らかの意味で、直接の対象認識の前に、

予備的な知識や、認識・把握の枠組みが存在するものである。

哲学的には、客観である「もの自体」は認識できず、主観の「認識形式」というフィルターを常に通じて、

人間の対象認識や、世界に対する行為は成立している。






61EksMuKTuL__SL500_.jpg
別窓 | 図書委員会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
被害者であり、連続殺人犯
kalifornia.jpg


展開がいとめまぐるしいっす
別窓 | twitter.nobu.com | コメント:0 | トラックバック:0 |
その男、ノブカツ
stylish (1)


いくらなんでも結末が自殺だなんて・・・
別窓 | twitter.nobu.com | コメント:0 | トラックバック:0 |
ちょっとだけ違う
iron-maiden.jpg


目的がちゃうねん
別窓 | twitter.nobu.com | コメント:0 | トラックバック:0 |
虚構故にリアル












total pyramid





















sauzaaaaaaa.jpg








横溝正史の「夜歩く」などにも見られる手法だが、読者はある時犯人が作った創作を読まされていたことに気づく。

「夜歩く」は不発だったと言えるが、この作品は大成功したと言えるだろう。

読んでいくうちに何が真実で何が虚構なのかわからなくなって混乱する。

そして読んだ後に気づくのだ。

全部虚構なのだと。

ルメートルは実にリアルな描写をする。

Suspiria-lighting.jpg












作中で誰かが痛みを感じれば読者も痛みを感じる。

まるで鋭利な刃物のように、とても痛く、それは避けがたい。

もうどっちの世界かわからなさすぎて逆にグイグイ読み進んだ

もっと味わえばよかった。3部作一気読みやわ













bj.jpg

今度の台風12号やばそう

従来と違う

別窓 | 図書委員会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
27日の金曜日
t6839.jpg

7月27日(しちがつにじゅうななにち、しちがつにじゅうしちにち)はグレゴリオ暦で年始から208日目(閏年では209日目)にあたり


年末まであと157日ある





7YPL.gif


どうでもええがな
別窓 | twitter.nobu.com | コメント:0 | トラックバック:0 |
ここにきて致命的
死の谷


こう暑くてはなんもやる気せんけど、小説だけ読んでる




devils-tower.jpg



なんもせんと秋まで我慢や

でも、良い作品と機会があれば・・・








別窓 | 闇の岸田ん | コメント:0 | トラックバック:0 |
BEE
amerikanhnjk.jpg


Contents

Plot[edit]

In 1987, wealthy New York investment banker Patrick Bateman's life revolves around dining at trendy restaurants while keeping up appearances for his fiancée Evelyn and his circle of wealthy and shallow associates, most of whom he dislikes. Bateman describes the material accoutrements of his lifestyle, including his daily morning exercise, beautification routine, designer wardrobe and expensive furniture. He also discusses his music collection, which includes Huey Lewis and the News, Phil Collins and Whitney Houston.










acppppp.jpg

Bateman and his associates flaunt their business cards in a display of vanity. Enraged by the superiority of co-worker Paul Allen's card, Bateman murders a homeless man and kills the man's dog. At a Christmas party, Bateman makes plans to have dinner with Paul, who mistakes Bateman for another coworker, Marcus Halberstram. Bateman gets Paul drunk and lures him back to his apartment. While playing "Hip to Be Square" on the stereo, Bateman delivers a monologue to Paul about the artistic merits of the song and of Huey Lewis and the News, then murders him with an axe. He disposes of Paul's body, and then goes to his apartment to stage the situation so that others believe Paul has run off to London















american_psycho.jpg









見たはずだけど、全く記憶になし

よっぽどだったのか

今度は小説探して読んでみようと思う
別窓 | 映画研究会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
潮来
secret_.jpg



ウルトラぶぎーずおもろい





Admiring the time and effort you put into your site and in depth information you

present. It’s good to come across a blog every every now and then that isn’t

the same old spun information. Amazing article!

I’ve bookmarked your site and I’m adding your RSS feeds to my Google account.
別窓 | 闇の岸田ん | コメント:0 | トラックバック:0 |
悲しみのイレーヌ 2巡目
ire-nu.png



凄惨な事件現場に耐性があれば、ミステリーが次第に紐解かれていく工程は楽しい。

しかし、ここからクライマックスに向けて、どう展開するのだろう? 

と、思ったあたりから、まったく突然、物語はとんでもない方向へ舵を切る。

ミステリー小説は、大抵最後の100ページは怒涛の展開となる。

それはトリックの種明かしだったり、容疑者が二転三転したり。

「悲しみのイレーヌ」でも、怒涛の展開が起きる。

ただしそれは、通常とは全く異質な展開だ。

この衝撃は、ぜひ読んで味わってほしい。

言うならば、楽しく見ていた映画のクライマックスで、

突然画面の中の人物が「犯人はおまえだ! 」と観客に向かって指をさしたような感覚なのだ。

ミステリー小説が背負っている宿命―“殺人事件という娯楽”への問いかけとも言えるこの衝撃。

4つのミステリー賞を受賞したのも納得の作品である。

なお、ヴェルヴェーン警部が再び活躍する『その女アレックス』を既読の方は、

改めて読み返したくなるだろうし、未読の方はぜひ続けてこちらの作品も読んでほしい。





2回目読了、やっぱ斬新 フランスやるジャンって感じ

それにしてもミステリー小説って大概読んでもおぼえてないけど

これは別格 映画化してほしいけど無理やな ラストが酷い

濁せば大丈夫かなとかそういう問題じゃないもんな


dahlia image
別窓 | 図書委員会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK | のぶかつの部活動 since 1970 | NEXT